タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

人生や仕事で悩んでいる方にタクシードライバーのことを知らせたくてブログを書いています。
タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~ TOP
 >  最終日まとめ

がむしゃらに営業するのも良いですが、自分の限界値を知り無理をしないことが一番大切なことだと思う。


桜も満開になり、やっと春らしくなりましたね。

記事は一日遅くなりました、4月度最終日です。

2017年4月10日 月曜日 晴れ 31回 275㎞ 税引き 55,030円

処理済~2017年4月10日

特別、良くも悪くもないって感じですかね。

23時55分に赤坂で男女2名様にご乗車頂き、赤坂5丁目経由の大森まで高速利用でした。

1時54分に宇田川町から都築区までと、3時50分には表参道から中野経由の関町北まででした。

無事故無違反で4月度も終わりましたよ。

2017年4月度結果

いつもの数字しか作れませんが、これで良いと思っています。

何の仕事でも卓越した才能を持っている人って必ずいるじゃないですか。
タクシー業界で言うなら隔勤で毎回、税引き7万円以上をコンスタントに作り上げて来るドライバーのことですね。

残念ながら他の仕事と違うのは毎回7万円以上、毎月80万~90万円を作りあげても月締めでリセットしてしまうってことです。
同じ会社で10年勤めても基本給は新人と同じです。

何を言いたいのかわからなくなりました。(笑)

今月の社内を見ると、ノイローゼになって辞めた同僚、免停で休んでる同僚、人身事故で辞めた同僚など動きが激しいです。

自分は事故や違反をしないって思っていても、ふとした瞬間に起きてしまうものです。
でも、意識的に事故や違反を防ぐことは可能だと思っています。

タクシードライバーって仕事は辛いことも多いです。
がむしゃらに営業するのも良いですが、自分の限界値を知り無理をしないことが一番大切なことだと思う。

まとまりのない記事ですみません。



にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ



[ 2017/04/14 10:11 ] 営業結果 最終日まとめ | TB(0) | CM(4)

木下街道、「きのしたかいどう」と言ったら笑われちゃいました。


3月度最後の乗務です。

2017年3月10日 金曜日 晴れ 32回 299㎞ 税引き 60,810円

処理済~2017年3月10日

金曜日ですから割り増し時間前は19回の税込26,590円と絶好調でした。

割り増し時間はタクシーが多くて苦手です。

22時56分、タクシーの多い銀座や新橋を後にして六本木に行こうと愛宕下通りを走行していたら愛宕グリーンヒルズMORIタワー様前で男性2名様がタクシーをお待ちでしたのでUターンしてご乗車頂きました。

Screenshot_2017-03-11-23-21-39.png

嬉しい御茶ノ水経由の錦糸町でしたよ。

その後、ご覧の通り錦糸町では営業せずトンボ返りです。(笑)

港区に戻り、汐留を流していたら男性のお客様にご乗車頂きました。

東新橋から印西市

嬉しい印西市まででした。

ルートをお聞きしたら「原木で降りて木〇〇〇街道で」と言われました。

木下街道

中山競馬場を右と言われたので以前行ったことのある道だとわかったのですがね。

会社の同僚に「印西に行って来ましたよ」と言ったら「千葉北からか?」と言われたので「きのしたかいどうからです」と言ったら「皆、きのしたって読むんだよね」と笑われちゃいました。

その時までお客様の言った「原木で降りて木〇〇〇街道で」の〇〇〇が理解出来ていませんでしたから。

「木下」は、「きおろし」と読む。
 これ迄千葉県において「水戸街道」を皮切りに「古代東海道」を歩き、更にこの「木下街道」をはじめとして「行徳船航路沿い」や「鮮魚(なま)街道」「佐倉成田道」「東金御成街道」などの街道歩きを研究している過程で、何故か千葉県では難しい読み方の地名が他より多いように感じたのだが、この「木下」もその一つと言えよう。

 曽てこの街道は、利根川と江戸川の間を結ぶ陸路として、両河川交通の補完的役割をもつ街道であった。鮮魚街道と一部重複しており、この木下街道も鮮魚街道と言われたことがあるらしいが、鮮魚街道に比して距離的・時間的に不利で、商用・観光が主になっていたという。

 そして、江戸時代、下利根川筋の「木下河岸」と江戸川筋の本行徳河岸を結ぶ脇往還であったが、「きおろし」は書いて字の如く、伐採され河川で運ばれた材木を下ろしたことに由来するとされているようで、この難解な地名の読みも納得できる気がする。

http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~sanpoing-world/kioroshi-0.htmlより



道路名の読み方を正確に知った方がタクシードライバーとしてスムーズな仕事が出来ることは間違いないようです。

おまけですが、以前、同僚に「本牧ふ頭に最近行かねーな」と言われたから「それどこですか?」と聞いたことがあります。
その同僚の「ほんもく」と行った地名にピンと来なくて「どういう字書くのですか?」と聞いてわかったことですがね。

有史以前から、本牧は東京湾に突き出た岬として、行き交う船の目印となり、風待ちの波止場として知られていたという。
本牧の由来がアイヌ語だという説に立てば、ポン・モリ(小さな港)が訛ったものとも当て字とも考えられる。
現在の小港は、まさにその意訳であり、本牧はその音訳であるといえよう。

http://www.geocities.co.jp/pedanticity/honmoku/honhis1.htmlより



タクシーの仕事も深いよね。


今回で3月度が終了となりました。

2017年3月度結果

税引き727,540円で額面は450,000円ほどです。
手取りは年金や税金を引いて350,000円ほどですね。

3月度も無事故無違反で終わりホッとしているところです。

でも、また月曜日から4月度が始まるんですよね。

タクシーの良いところは事故や違反をしない限り、翌月に引きずることがないことです。

転職にタクシーも視野に入れてある方は最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】で調べてみて下さい。
きっと良い解決策が見つかりますよ。



にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ



[ 2017/03/12 01:13 ] 営業結果 最終日まとめ | TB(0) | CM(1)
Ads by Google
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ギャンブラー

Author:ギャンブラー
昭和39年生まれ、長崎県壱岐出身です。
26歳で結婚して3人の子供にも恵まれましたが、10年で離婚しました。
離婚する原因は自分にあるのですが、自暴自棄な生活を5年ほどし、職を転々、生活拠点も転々としている内に東京で生活するようになりタクシーの道に進んだわけです。
いわゆる訳ありのタクシードライバーの典型的な過去みたいなものを経験しております。

2014年10月1日にココログのタクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~より引越しをしました。
詳しいプロフィールは旧ブログのプロフィールを見て下さい。

途中から閲覧の方は、ご挨拶をTOPに書いてますのでご覧下さい。
メールフォーム
メール頂けると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

お金以外のご相談は承ります。(笑)
最新コメント
最新トラックバック
おすすめ
アクセスランキング

QRコード
QR
求人検索
SEOパーツ&トラックワード
  • SEOブログパーツ
Live Traffic feed
下にあるReal-time viewをクリックすると流入元が見られたりします。
ランキング

Ads by Google